精神病は概念。病んでしまう原因は必ずある。それを突き止めて受け止める事が大事。病む事は悪いことではない。まず薬を断て。 #元キャバ嬢の転身 #夫婦の日常 #うつ病経験者が語る

You may also like...

3 Responses

  1. マックスむらいぃ より:

    あのね、精神病の診断基準には大体「患者本人が苦痛を感じているか」が含まれて、苦痛を感じていなければ医師は精神病には当てはめません。
    なんか医者を悪く言ってるみたいで不快な気持ちになりました。
    これまでに先人が苦労して培ってきた現代医学をバカにすんなマジで。

  2. 大嘘納言 より:

    浅すぎるなあと思ってたらみんな同じこと思ってそうでよかった

  3. Kaka Ka より:

    初めまして、精神障害者福祉士を目指している福祉系大学生です。
    確かに大学の授業でも精神障害に限らず限らず、知的障害や身体障害もその人の個性であるという考え方が今ではだいぶ広がっていて、それがいいとされている印象があります。
    ですが私はそう言った障害と個性は少し違うように感じます。
    何故なら、個性というものは身につけるものだったり熱中するものだったりと自ら変えることができますが、障害というのは自ら望んで変えることはできません。
    ここで語られる精神病が何を指すかにもよりますが、症状が重い人は、世間で言ういわゆる病んでる状態、気持ちの浮き沈みがある状態なんて比にならないぐらい、自分の体のコントロールが効かずに暴れたり、自分が自分であることさえ認識できずに隔離病棟で隔離されたりと、一般的な営みさえも送る事の出来ない人がたくさんおられます。そういった方は自分の人生の選択すらできません。
    なので個性という表現に違和感を感じました。個性ではなく、特性やその人らしさという言葉の方が良いように感じます。
    長々と失礼しました、活動頑張ってください🙇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。